今から遠く1975年の8月、はくちょう座に新星出現のニュースが世界を走った。夏の大三角を形作る一角のデネブのそばに、1.5等星と思われる恒星が突如現れて爛々と輝き始めたのである。世界中で星座を観察している人は多い。しかし日本が運よく夜の間に出現したので、”ホンダ彗星”で有名な倉敷天文台の本田実氏らが発見して、天文台に報告した。一晩に数十名の発見者があったという。私個人の家にも電話が鳴り続けた。

 芸西天文台では、まだ今の天文学習館はなく、私個人の観測小屋があった。折よく口径40cmの反射望遠鏡が完成したばかりであったので、その直焦点で撮影してみた。3分間の流し撮影である。中央に金色に光る太い星が新星である。
 既に明るさのピークを過ぎようとしている。反射鏡は故、小島信久氏が研磨して贈ってくれたもので、普通の屈折鏡のように色収差が無いので極めて美しい写真となった。(フジカラーR400)

スキャン


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村