ここ高知県では、すでに梅雨があけたらしく真夏の光でいっぱいです。すぐ南の鏡川畔に出て見ると、南の鷲尾山連峯が明るい光を浴びて、うつくしく光っていました。

 この山は、かって1962年の4月「関・ラインズ彗星」発見の時、太陽に突入する彗星を追って登山
した場所です。南にはすぐ眼下に浦戸湾が見え、遠く室戸、足摺の両翼も遠望できます。視界が180度と広いので、南の太平洋が見事な球形に見えました。

 ふとこんな詩を思い出しました。


 我が想い なおほのかにも 残りけり
    室戸足摺 みさき岬に


IMG_3222


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村