最大瞬間風速が50m/Sを超えるような特大な台風6号が、沖縄の近くの石垣島付近でとどまっています。やがて東に向かって進行をはじめ、数日後には四国もあぶない状況です。
 8月4日の夕刻、三階の屋上にあがってみると、太陽の沈んだ後の西の空に、巨大な「きのこ雲」が見えました。
 今日8月4日は、芸西村の天文台で観測会が開かれているはずです。高知県の内外から30名ほどあつまっているはずですが、雲が多く観測が心配されます。

 ここ高知市から東に30kmほど離れていますが、お天気が必ずしも同じではなく、向こうに行ってみると曇っていたり、また、その逆だったりします。天文台は海岸に近く、雲の流れは早いようです。全天2番目に明るい「りゅうこつ座」のカノープスが南に高く、観測会では恐らくそれを発見して、歓声をあげているころでしょう。8月13日は私の担当で、ペルセウス座流星群の極大の日。1950年のこの日に目撃した大火球のお話でもいたしましょうか。それはそれはおぞましいほどの光景でした。

IMG_4078

にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村