「奇妙な天体望遠鏡」シリーズも、いよいよ最終です。今回は1965年に登場した”暗室望遠鏡”についてお話します。1965年10月21日、あの「イケヤ・セキ彗星」が太陽面に突入した時、強烈な太陽光線をさけて、いかにして観測するか、が大きな問題となりました。摂氏100万度と言われるコロナを直接望遠鏡で観測することは極めて危険なことです。

 そこで天文冒険家の池幸一氏が考案し、発明したのが、”池式投影ボックス”と呼ばれる世にも奇妙な望遠鏡でした。それは1間立方で出来た段ボールの箱の暗室の中から、池氏愛用の13cmの屈折望遠鏡の筒をニューッと突き出し、太陽に向け、中の暗闇の中で白い紙に太陽像を映し出すのですが、太陽は明るいので、その丸い部分をくり抜きます。そうすることによって太陽周辺の淡いコロナが映り、かつ接近中の彗星の様子を確かめることができる、というものです。

 「池谷・関彗星」は、その前日のハワイでの観測では、太陽接近と共に分裂した事がAP電で報じられました。果たして私たちの観測する彗星は分裂した残骸なのか?それとも100万度の高熱によって蒸発してしまった気体なのか。彗星はその大半が氷で出来ているのです。氷は高熱によって溶けて蒸発し、太陽風に吹かれて尾になります。こう考えると、超高熱の太陽面を無事通過する確率はゼロに近いのです。

 当日は快晴でした。”物干し観測台”周辺の屋根には、各報道関係の記者やカメラマンが訪れ、世紀の一瞬をスクープしようと黒山の人だかりとなしました。そんな関係で、肝心の観測開始の時刻が大幅に遅れ、正午前となりました。暗室の暗闇の中で投影されたコロナの中の様子をじっと見つめていた”どんぐり眼”の池さんが突然「ウオッ」と叫びました。それは赤いプロミネンス(紅炎)なのか、それとも彗星の燃え上がる炎なのか?まぶしいばかりの太陽の輪郭に、小さな赤い玉が鮮やかにくっついています。時刻は午後1時ジャスト。

 この時、外で「ドドーッ」という、物凄い音響がこだまし、観測台は地震の如く揺れました、人々のただならぬ騒ぎが起こりました(一体何事が起ったのか?!)慌てて外に出てみると、余りの光景に私はただ唖然として立ちすくみましました。

(写真は自ら考案した暗室望遠鏡の中で、太陽コロナを見つめる池幸一氏)
img175


にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村