低い倍率で彗星を捜索していると、明るい星のそばにゴーストと呼ばれる反射光を見ることがある。その姿がボーッとしてまるで彗星そっくりである。今までどれだけ多くの観測者が、ゴーストにだまされたか知れぬ。

 戦前の1938年頃、広島県で観測していた駆け出しの頃の本田実氏は、夕方の西空に輝く金星のそばに強く輝く彗星を発見。初めての手柄とて急遽京都市の花山天文台に電話を掛けた。その時対応したのが有名な中村要氏で、直ちに観測した結果、それは金星によるゴーストであることを確かめ、教えてくれたという。

 ところがその中村氏は花山天文台で写真観測していた戦前に、彗星らしい天体を写真乾板上に発見して外国に報らせた。何日か追跡観測したが結局中村氏以外に誰も観測できなかった。これは花山天文台に残る一つの謎とされてきたが、ある日、私は中村氏の発見場所のごく近くを撮影したことがあった。

 不思議なことに、そこに彗星らしい天体が写ったのである。その彗星は何枚かの撮影を続けるうちに次第に移動して行った。結局それはゴーストで、場所も中村氏の観測したスバル星団のごく近くであった。あのベテランが正か間違うはずはないと思うのだが、ゴーストには古今、多くの観測者が悩まされたのである。
 
 夜空を反射望遠鏡で観測していると沢山の星団、星雲を見る。こうして撮影しておけば、あとで超新星の発見にも役立つのである。芸西の五藤製の60cm反射望遠鏡は優秀な望遠鏡であった。


(写真は彗星捜索中に見掛けた獅子座の明るい銀河群で、左の下がM65、上がM66(いずれも9等)。右端がNGC3626(10等)。芸西の60cm反射で1982年関撮影)
名称未設定
にほんブログ村 科学ブログ 天文学・天体観測・宇宙科学へ
にほんブログ村